トライボロジー評価技術
ITFのトライボロジー評価技術
DLCをはじめとするセラミックコーティングをさまざまな部品に適用するには、要求される特性に応じた膜の改善、開発はもちろんですが、適用部品の運動をシミュレートしながら、摩擦、摩耗、潤滑のいわゆるトライボロジー特性を評価する技術の向上も重要と考えられます。
トライボロジー評価技術を充実させることにより、部品への適用までの時間短縮化や製品開発の効率化につながるとITFでは考え、各種の評価技術の取り込みとデータベース化を推進してきました。  
ボールオンディスク試験機
荷重 ~5000N

・ボール固定、ディスク回転
・リングオンディスク、
リングオンリングも可能
回転数 ~1500rpm
 (すべり速度:~1.4m/sec)
試験環境 大気中、油中、水中
評価項目 室温~100℃
対象部品 ①動摩擦係数
(すべり速度、面圧依存性)
②摩耗量、相手攻撃性
③被膜の耐剥離荷重
対象部品 摺動部品一般
代表的なボールオンディスク評価例

 ボールおよびディスク外観

ボール:SUJ2
ディスク:
SCM415浸炭材+コーティング
往復摺動試験機
荷重 ~2000N
サイクル数 ~1200cycle/min.
(平均速度:~2.0m/sec)
試験環境 大気中、油中、(液滴)
試験温度 室温~200℃
評価項目 ①動摩擦係数
(すべり速度、面圧依存性)
②摩耗量、相手攻撃性
③被膜の耐剥離荷重
④焼付き耐荷重
対象部品 エンジン部品
ピストンリング
ピストン
バルブ
等の往復運動部品
代表的な往復摺動評価例
■試験条件:
ピン:SKH51(HRC63)
ディスク:
SKH51(HRC63)横軸被膜コート
潤滑油 :
SM5W30油 1滴塗布
往復ストローク長:40mm
速度:360cycle/min.
(平均0.48m/sec、最高約1m/sec)
荷重:20kgから開示し、徐々に荷重アップ
フィレックス(Pin&Vee)摩耗試験機
荷重 ~12000N
サイクル数 ~2000rpm
試験環境 大気中、油中、(液滴)
試験温度 室温~150℃
評価項目 ①動摩擦係数
(すべり速度、面圧依存性)
②焼付き耐荷重
対象部品 軸受け/シャフト
ピストンピン
等の回転運動部品
代表的な往復摺動評価例
■試験条件:
ピン:
SKH51(HRC63)+コーティング
Vブロック:AISI #1137
潤滑油:SM5W30油 1滴塗布
回転速度:500rpm