耐摩耗性に優れるTiN(窒化チタン)系コーティング
さらに耐熱性、耐酸化性、超薄膜対応など各種グレードを提供
ジニアスコートTN
窒化チタン(TiN)コーティング
概 要
  1. 密着力に優れ、物性面のバランスの良さが魅力のコーティング
  2. 窒化チタン(TiN)をPVD蒸着法でコーティング
グレードラインナップ

ジニアスコートTN
スタンダードな単層仕上げのコーティング。


TNとTMの膜構造図
基本物性

TiN


1700~
2000Hv

1~4μm

PVD

400~
500℃

600℃

可(鋼)
基本特性
ジニアスコートTN

Exellent
Good~
Excellent
(TN/LAP後)

Average

Good

Good

Good
代表的な用途と目的
切削工具
写真
●耐摩耗性向上
●耐焼付性向上
金型
写真
●離型性向上  ●耐摩耗性向上
●耐焼付性向上
●ヒートチェック防止
特 徴
  1. バランスの良いコーティング
    窒化チタンコーティングは、セラミックコーティングのスタンダード的な存在で、切削工具や金型の品質を改善する硬度や耐熱性などの諸物性をバランス良く合わせ持っています。
  2. 特に耐摩耗性の向上に貢献
    表面硬度の上昇により、耐摩耗性の向上を実現します。
  3. 高い密着力で安定したコーティングを可能
    TiNコーティングは、他のセラミックコーティングの下地として使われるほど基材との密着力が強いことが特徴で、コーティグが剥がれにくいため、長期間に渡って安定した性能を発揮します。
  4. 成膜温度が低い
    比較的低温で処理できるPVD方式で成膜するため、基材の熱変形や変質を軽減することができます。
関連技術情報
  1. 密着化技術