耐摩耗性に優れるTiN(窒化チタン)系コーティング
さらに耐熱性、耐酸化性、超薄膜対応など各種グレードを提供
ジニアスコートTIA、TIAブラック
窒化チタンアルミ(TiAlN)コーティング
概 要
日本ITFのセラミックコーティング・ジニアスコートTIA(TiAlN)の代表写真
  1. 2600Hvの高硬度と900℃の耐熱性を兼ね備えたコーティング。
  2. 窒化チタンアルミ(TiAlN)をベースにPVD蒸着法でコーティング。
グレードラインナップ
  1.  ジニアスコートTIA
    TiAlN標準グレード。
  2. ジニアスコートTIAブラック
    膜組成を調整することで黒色としたグレード。熱吸収性の向上や反射防止効果を実現。
TIAの膜構造図
基本物性
ジニアスコートTIA

TiAlN


2400~
2600Hv
 
1~4μm

PVD

400~
500℃

900℃

可(鋼)
ジニアスコートTIAブラック

TiAlN


2400~
2600Hv
 
1~4μm

PVD

400~
500℃

900℃

可(鋼)
基本特性

Exellent

Good~
Excellent

Average

Excellent

Excellent

Excellent
代表的な用途と目的
切削工具
ジニアスコートTIA(TiAlN)の用途例-切削工具
●耐熱性向上 ●耐摩耗性向上
●耐焼付性向上
 
金型
ジニアスコートTIA(TiAlN)の用途例-金型
●耐熱性向上 ●耐摩耗性向上
●耐焼付性向上
●ヒートチェック防止
特 徴
  1. 耐熱性と高硬度を兼ね備えたコーティング
    ジニアスコートTIA(TiAlNセラミックコーティング)の耐熱性と硬度の比較表窒化チタンアルミコーティングは、900℃まで酸化しない耐熱性の高さが最大の魅力であり、 同時にビッカース硬度で2400~2600Hvの硬度も持ち合わせていることも利用価値を高くしています。
  2. 高硬度・高粘性の鋼材や超硬合金の切削加工能力に優れる
    高い硬度を持つため高硬度鋼材や超硬合金用の切削工具のコーティングに適しています。 また切削時の摩擦熱にも耐えるため、高粘性の合金など削りにくい材料の切削工具にも適しています。
  3. 微小かつ精密な加工品には超薄膜化技術で対応(TIA超薄膜グレード)
    TIA超薄膜グレードは、500ナノメートルという薄さに窒化チタンアルミコーティングの長所を凝縮したコーティングです。
    微細加工用の極小径ドリルや、スリッター、超精密金型など、寸法公差の極めて厳しい製品で、高速加工による発熱が大きい場合は、TIA超薄膜グレードがおすすめです。
  4. 成膜温度が低い
    比較的低温で処理できるPVD方式で成膜するため、基材の熱変形や変質を軽減することができます。
関連技術情報
  1. 密着化技術
  2. 超薄膜化技術