耐摩耗性に優れるTiN(窒化チタン)系コーティング
さらに耐熱性、耐酸化性、超薄膜対応など各種グレードを提供
ジニアスコートTCX/TCX超薄膜
炭窒化チタン(TiCN)系多層コーティング
概 要
  1. 炭窒化チタン(TiCN)をベースにPVD蒸着法でコーティング。
  2. 硬度が高く、摺動性に優れている。
  3. 一般的なTiCNの脆弱性(靭性の低さ)を独自の多層化技術で解消。硬度と靭性の両立を実現。
  4. TCX超薄膜タイプは、500ナノメートルの薄さに炭窒化チタンコーティングの長所を凝縮したコーティング。
グレードラインナップ
  1. ジニアスコートTCX
    TiCNの優れた特性を保ちつつ、独自の多層化技術によって靭性を兼ね備えたコーティング。
  2. ジニアスコートTCX超薄膜
    靭性を持つTCXだからこそ可能な、TiCNベースの超薄膜コーティング。
TCXの膜構造図
基本物性
ジニアスコートTCX

TiCN


3000~
3500Hv

1~4μm

PVD

400~
500℃

600℃

可(鋼)
ジニアスコートTCX超薄膜

TiCN


3000~
3500Hv

0.5μm

PVD

400~
500℃

600℃

可(鋼)
基本特性

Exellent
Good~
Excellent
(LAP後)

Excellent

Excellent

Excellent

Good
代表的な用途と目的
切削工具
ジニアスコートTCX(TiCN)の用途例-切削工具
●微小工具対応 ●耐摩耗性向上
●耐焼付性向上
金型
ジニアスコートTCX(TiCN)のコーティングイメージ-金型
●離型性向上 ●耐摩耗性向上
●耐焼付性向上
機械部品
ジニアスコートTCX(TiCN)のコーティングイメージ-機械部品
●摺動性向上 ●耐摩耗性向上
●耐焼付性向上 ●防傷性向上
特 徴
  1. チタン系最強の硬度を誇るコーティング
    炭窒化チタンコーティングは、ビッカース硬度で3000~3500Hvの高硬度のコーティングが可能です。
  2. ドライ環境での低摩擦性(摺動性)に優れる
    炭素を含有することから摩擦係数が極めて低く、優れた摺動性と耐焼付き性を発揮します。
    特に、ドライ環境下では、DLCに匹敵するほどの低摩擦特性を持ってます。
    《詳しいデータは、こちらの各種データのページをごらんください。》
  3. 基材への結合力と粘り強さをチューニング
    炭窒化チタンコーティングは、圧倒的な硬さを誇るコーティングですが、単にコーティングするだけでは、曲げや衝撃に対して脆いコーティングになってしまいます。弊社のTCXコートは、独自の多層化技術と膜構造制御技術によって、基材との密着性や膜の靭性の向上に成功。炭窒化チタンコーティングの脆さという欠点を解消した安心できるコーティングです。
  4. せん断面等の美しい仕上がりが期待できます
    TCXコートを、打ち抜き加工(せん断加工)で用いる金型(パンチ)で採用すると、バリやキズを防ぎ、ワークのせん断面を綺麗に仕上げることが可能になります。
  5. 耐久性に優れた多層構造コーティング
    元々強固な炭窒化膜を、さらに緻密な多層構造にすることで、コーティング表面の亀裂等の深部進行を食い止めることが可能になり、長期間安定した性能を発揮することができます。
  6. 微小かつ精密な加工品には超薄膜化技術で対応(TCX超薄膜グレード)
    TCX超薄膜グレードは、500ナノメートルという薄さに炭窒化チタンコーティングの長所を凝縮したコーティングです。
    微細加工用の極小径ドリルやスリッター、超精密金型など、寸法公差の極めて厳しい製品にも適用できるコーティングになっています。
    超微細加工用マイクロドリルやスリッターの寸法精度を損なわない超薄膜PVDコーティング技術
  7. 成膜温度が低い
    比較的低温で処理できるPVD方式で成膜するため、基材の熱変形や変質を軽減することができます。
関連技術情報
  1. 密着化技術
  2. 超多層化技術