DLCコーティングシリーズ
PVDで成膜するテトラヘドラルアモルファスカーボン(ta-C)構造の超高硬度コーティングや、プラズマCVDで成膜する高摺動性(低摩擦)、耐摩耗性、低相手攻撃性などに優れる水素含有アモルファスカーボン(a-C:H)構造のDLCコーティングで、 膜構造やプロセスのバリエーションを展開しています。
  ジニアスコート DLCシリーズ
  H/HR HT HP HA HA
クリア
F
DLC構造 a-C:H/
a-C:H:(Si)

a-C:H:(Si)

a-C:H ta-C a-C:H
硬度*1Hv 800
~1200/
800
~1700
100
~2000
800
~1700
>3000 60
~1300
膜厚*1(μm) 0.5~2/
1~3
1~20 1~10 0.5~1 <0.5 0.3~2
酸化温度 350℃ 350℃ 350℃ 500℃ 350℃
処理温度 150
~200℃
150
~200℃
150
~200℃
150
~200℃
60
~80℃
摩擦係数*2 0.1~0.2 0.1~0.2 0.1~0.2 0.15~0.2 0.1~0.2
面粗度
Rz(μm)
<0.1/
<0.2
0.2~0.5
(膜厚依存)
<0.2 1.0
(ラップ後0.2)
<0.5 <0.2
色調 灰~黒色 灰~黒色 灰~黒色 透明干渉色 薄茶色
特徴 低相手攻撃性を重視した平滑膜/高負荷での密着性、信頼性と付きまわり性を向上 膜厚、膜硬度、内部応力を自由に制御できる設計自由度の高い膜 筒状部品の内面や複雑形状部品の窪みまでコーティング可能 水素フリーでダイヤモンドに次ぐ硬さを有し、油中での摩擦低減に効果 軟質金属の加工、成型用超薄膜コート。離型性、耐摩耗性と加工精度を向上 ゴム、樹脂上のフレキブルDLC膜。高分子の耐摩耗性と摺動性を向上
適用基材*3 金属全般、
セラミックス全般
超硬
一般鋼
超硬
一般鋼
高分子全般
用途 機械摺動部品/
機械摺動部品
自動車部品


機械摺動部品
自動車部品
金型治具類

機械摺動部品、パイプ、フランジ、軸受
自動車部品
油中摺動部品
軟質金属(アルミ、銅、スズ、亜鉛、ニッケル、銀等)加工用工具・金型
軟質金属(アルミ、銅、スズ、亜鉛、ニッケル、銀等)加工用工具・金型
精密金型
高分子摺動部品
シール部品
【備考】
 *1)硬度、膜厚は対応可能値です。標準仕様等についてはお問い合わせください。
 *2)摩擦係数は、ドライ環境でのSUJ2と膜との摩擦係数です。
 *3)形状、含有元素、表面処理によって対応できない場合もあります。
 詳細は、お問い合わせください。
サンプル画像 スタンダードタイプ。超平滑性と低摩擦特性に優れ、摺動部品等に適する他、化学的安定性の高さを活かして耐凝着性の向上に用いることもできる。
サンプル画像DLC膜の硬度や厚み、積層構造等を目的に応じて柔軟に調整できる画期的なDLCコーティング。
サンプル画像 従来のプロセスでは成膜できない対象物の内面や凹凸の影の部分へのコーティングが可能なプロセスで生成。
サンプル画像 80度以下の成膜温度と独自の製造技術により、ゴムや樹脂(プラスチック)に対応したコーティング。
サンプル画像Hv3000以上の硬度を実現することが可能なダイヤモンドに次ぐ硬度を誇る超硬質膜。
水素を含まず、sp3比が高いため、よりダイヤモンドに近い特性を持つ。
サンプル画像 HAの超薄膜タイプ。
わずか100ナノメートルの超薄膜でもHv3000以上の硬度を実現。
アルミ材加工の可能性を広げます。