耐腐食性に優れるCrN(窒化クロム)をベースに、超多層コーティング技術を用い
耐熱性、耐焼き付き性、耐熱衝撃性など各種グレードを提供
ジニアスコートIAX
窒化クロム(CrN)系耐熱衝撃性コーティング
概 要
ジニアスコートIAX(CrN超多層コーティング)のイメージ
  1. 窒化クロム(CrN)に調整層を組み合わせて高機能化を実現。
  2. PVD蒸着法でコーティング。
  3. 耐腐食性や耐焼付き性に優れるCrNの耐熱性や耐熱衝撃性を より高め、金型用途に多いご要望にハイレベルに応えることが できるコーティングを提供します。
グレードラインナップ
  1. ジニアスコートIAX
    耐食性+耐焼き付き性+耐熱性+耐熱衝撃性
IARの膜構造図
基本物性

CrN系
超多層


2800~
3200Hv

2~4μm

PVD

400~
500℃

1000℃

可(鋼)
基本特性

Exellent
Good~
Excellent
(LAP後)

Good

Excellent

Excellent

Excellent

Excellent
代表的な用途と目的
金型
ジニアスコートITR(CrN)の用途例-金型
●耐熱性向上  ●耐腐食性向上
●耐摩耗性向上
●耐熱衝撃性向上
●アルミ溶損防止
機械部品
ジニアスコートITR(CrN)の用途例-機械部品
●耐熱性向上  ●摺動性向上
●耐摩耗性向上
●耐焼付性向上
特 徴
  1. 耐熱温度1000℃!セラミックコーティングシリーズ随一の耐熱酸化性能を持つコーティング
    弊社CrNスタンダードグレードで800℃の酸化開始温度を、本IAXグレードでは、1000℃まで引き上げることに成功しました。 熱間鍛造金型やダイキャスト金型など、最も厳しい熱発熱環境下でも工具や金型の寿命延長に貢献します。
  2. 超多層構造
    用途によっては1000層にも達する超多層化を実現することが可能です。
    ジニアスコートIAR(CrNコーティング)の超多層構造の解説図
  3. 高硬度と耐熱衝撃性を兼ね備えたコーティング
    ジニアスコートITR(CrNコーティング)の耐熱温度と硬度のいち関係図窒化クロムにチタンとアルミを併用することで、Hv2800~3200の硬度を実現。 熱に強く、硬度が高く、靭性にも優れる最高レベルのコーティングです。
  4. 熱衝撃性(ヒートサイクル)にも強い
    窒化クロムにチタンとアルミを組みあわせた超多層構造により、熱衝撃性(ヒートサイクル)への強さも加わり、 ヒートチャック(熱亀裂)の発生を極限まで抑えています。
  5. 耐腐食性に優れたコーティング
    CrN系コーティングの耐腐食性は、セラミックコーティングの中でも特に優れています。
  6. アルミ溶湯による溶損の防止に効果的
    750℃のアルミ溶湯への浸漬試験において、 他のセラミックコーティングでは5時間程度で試験片の大半が溶損したにも関わらず、 IAXをコーティングした試験片は、ほぼ原型を保っています。
  7. 成膜温度が低い
    比較的低温で処理できるPVD方式で成膜するため、基材の熱変形や変質を軽減することができます。
関連技術情報
  1. 密着化技術
  2. 超多層化技術