耐腐食性に優れるCrN(窒化クロム)をベースに、超多層コーティング技術を用い
耐熱性、耐焼き付き性、耐熱衝撃性など各種グレードを提供
ジニアスコートCN
窒化クロム(CrN)コーティング
概 要
ジニアスコートCN(CrNコーティング)のイメージ
  1. 耐熱性と耐腐食性に優れるコーティング。
  2. 窒化クロム(CrN)をPVD蒸着法でコーティング。
グレードラインナップ
  1. ジニアスコートCN
    CrN標準グレード。
CNの膜構造図
基本物性

CrN


1500~
1800Hv

2~10μm

PVD

400~
500℃

800℃

可(鋼)
基本特性

Exellent
Good~
Excellent
(LAP後)

Good

Good

Excellent

Excellent
代表的な用途と目的
切削工具
ジニアスコートCN(CrN)の用途例-切削工具
●銅の凝着防止
●高速ドライ切削の摩耗軽減

金型
ジニアスコートCN(CrN)の用途例-金型
●離型性向上  ●耐熱性向上
●耐腐食性向上
●耐摩耗性向上
機械部品
ジニアスコートCN(CrN)の用途例-機械部品
●耐熱性向上  ●摺動性向上
●耐摩耗性向上 ●耐焼付性向上
特 徴
  1. 耐腐食性に優れたコーティング
    CrNコーティングの耐腐食性は、セラミックコーティングの中でも特に優れています。
  2. 800℃耐熱酸化性に優れたコーティング
    クロム系のセラミックコーティングは総じて熱酸化温度が高いことが特徴です。 熱酸化温度が高いということは、高温環境下での利用に向いていることは当然ながら、他にも摩擦摩耗による発熱の激しい条件での利用に向いてます。
  3. 摺動性に優れた薄膜コーティング
    摺動性の高さ(摩擦係数の低さ)もCrNコーティングの魅力の1つです。 ドライ加工、無潤滑環境下での加工への適性にも優れています。
  4. 成膜温度が低い
    比較的低温で処理できるPVD方式で成膜するため、基材の熱変形や変質を軽減することができます。
関連技術情報
  1. 密着化技術
  2. 平滑コート技術