耐腐食性に優れるCrN(窒化クロム)をベースに、超多層コーティング技術を用い
耐熱性、耐焼き付き性、耐熱衝撃性など各種グレードを提供
ジニアスコートCN
窒化クロム(CrN)コーティング
構 造
  1. ジニアスコートCN
    窒化クロム(CrN)をベースとした単層構造
CNの膜構造図
 
顕微鏡写真
  • ジニアスコートCNの表面写真
    弊社では、独自技術により極めて平滑性の高いCrNコーティングを実現しました。
    従来のCrNコーティングの表面粗さ(Ra)が0.25μmであるのに対して、CNでは0.05μmを実現しています。
    CrNコーティングの摺動性の高さをより活かした使い方が可能になります。

    ジニアスコートCNスムースの表面平滑性
    左の写真の黒いブツブツは、比較的大きな粒子です。
    右のCNの写真には、そのような粗大粒子がほとんどありません。
 
標準試験データ(特性比較データ)
  • 塩酸による腐食(重量減)試験の比較データ(後日掲載します)
  • 銅との摩耗試験の比較データ(後日掲載します)
相性データ
基材 炭素鋼 合金工具鋼 ハイス ハイテン SUS 軸受鋼 超硬合金
CN
※成膜温度に耐えられる材料であることが前提となります。

相手材 炭素鋼 工具鋼 ハイテン SUS 鋳鉄 アルミ合金 プラスチック
CN △~○
除膜、再コーティングについて
鋼については除膜および再コーティングが可能です。